■ MENU

 



 
   
     ■ 2013年12月19日
  【ゲーム勉強】使い方・進行編  自分メモ
 
ノベルゲーム挑戦用テンプレ000


いじりながら分かったことをメモしていきます。
今回は『 進行編 』です。
同じように悩んでる人がおられたら、役立ててやってくださいまし(´▽`)
※まずは ■ ティラノスクリプト さんの使い方&チュートリアルをやってみてくださいね!

【ゲーム勉強】使い方・中身編
【ゲーム勉強】使い方・基本編
【ゲーム勉強】使い方・キャラ編
【ゲーム勉強】使い方・背景編
【ゲーム勉強】使い方・その他編
【ゲーム勉強】使い方・進行編
【ゲーム勉強】使い方・見本編
参考 : タグリファレンス



☆★ストーリーの分岐方法1★☆

※ ★=このマーク以降の単語は任意の名前。但し半角英数小文字のみ。
※ ☆=このマーク以降の単語は任意の名前。日本語OK。
※ ◆=このマーク以降の単語は、以前に名付けたものを使用。
※ ◇=このマーク以降の単語は、既存するルールに基づいた半角英数字小文字。
------------------------------------------------------------------------------------------------
; 選択肢の表示と、分岐後の到達位置を指示するタグ。
[link target=*★select1]【選択肢1】 明日は晴れだ。[endlink][r]
[link target=*★select2]【選択肢2】 明日は雨だ。[endlink][r]

; 一時停止のタグ。
[s]

; 選択肢1を選んだ場合の分岐後の到達位置であることを表すタグ。
*◆select1
[cm]
「明日は晴れだ」と答えた。[l]
; 分岐完了後の戻り位置を指示するタグ。
[jump target=*★common]


; 選択肢2を選んだ場合の分岐後の到達位置であることを表すタグ。
*◆select2
[cm]
「明日は雨」と答えた。[l]
; 分岐完了後の戻り位置を指示するタグ。
[jump target=*★common]

; 分岐完了後の到達(戻り)位置であることを表すタグ。
*◆common
[cm]

; 以下、共有ルート。
------------------------------------------------------------------------------------------------
上記のように書くと first.ks 内のみで分岐をさせることが可能。
下線の引かれている部分が、今回使っているタグ。
緑色の部分、紫色の部分、茶色の部分は、それぞれ同じ名前でないとリンクされない。(飛べない)
 
   
 
☆★ストーリーの分岐方法2★☆

まず ★scene1.ks★scene2.ks という2つのファイルを scenarioフォルダ内に作る。
文字コードは UTF-8 じゃないと文字化けするので注意。
拡張子が txt になっていないか確認すること。
▼ 補足 : scene1.ks と scene2.ks の保存場所 【 data → scenario 】

※ ★=このマーク以降の単語は任意の名前。但し半角英数小文字のみ。
※ ☆=このマーク以降の単語は任意の名前。日本語OK。
※ ◆=このマーク以降の単語は、以前に名付けたものを使用。
※ ◇=このマーク以降の単語は、既存するルールに基づいた半角英数字小文字。

first.ks に記入する内容
------------------------------------------------------------------------------------------------
; 選択肢の表示と、分岐先のファイル指定、分岐後の到達位置を指示するタグ。
[link storage=◆scene1.ks target=*★select1]【選択肢1】 明日は晴れだ。[endlink][r]
[link storage=◆scene2.ks target=*★select2]【選択肢2】 明日は雨だ。[endlink][r]

; 一時停止のタグ。
[s]

; 分岐先1からの戻り位置であることを表すタグ。
*◆common1
Aくんはうなづいた。[l][r]
だがBくんは不満そうだった。[l][cm]
Aくんは、納得のいってないBくんに[r]
「天気予報で言ってたよ」と告げた。[l]
[cm]

; 分岐先2からの戻り位置であることを表すタグ。
*◆common2
; 以下、共有ルート。
Bくんは「そうか、そうか」と納得した。[l]
[cm]
------------------------------------------------------------------------------------------------

scene1.ks に記入する内容
------------------------------------------------------------------------------------------------
; 選択肢1を選んだ場合の分岐到達位置であることを表すタグ。
*◆select1

[cm]

「明日は晴れだ」と答えた。[l][r]

; 戻り先のファイルと、戻り位置を指示するタグ。
[jump storage=first.ks target=*★common1]
------------------------------------------------------------------------------------------------

scene2.ks に記入する内容
------------------------------------------------------------------------------------------------
; 選択肢2を選んだ場合の分岐到達位置であることを表すタグ。
*◆select2

[cm]

「明日は雨だ」と答えた。[l][r]

; 戻り先のファイルと、戻り位置を指示するタグ。
[jump storage=first.ks target=*★common2]
------------------------------------------------------------------------------------------------
first.ks と scene1.ks と scene2.ks の3ファイルに分かれているので難しく見えるが、
要領は先にやった first.ks のみで分岐する方法と同じ。
今回も、黄緑の部分、緑色の部分、薄紫色の部分、紫色の部分、茶緑色の部分、茶色の部分は、
それぞれ同じ名前でリンクされている。

first.ks の1行目、2行目に使っているタグの storage は、ファイル名を選ぶタグ。
同じ1行目、2行目の target は、どこなのかを選ぶタグ。
なので選択肢1は、 scene1.ks というファイルの、 *select1 という位置に飛ぶように指示されている。
scene1.ks の *select1 を見ると、分岐後のやり取りがあり、
そのあとに first.ks というファイルの *common1 という位置に戻るように指示されている。
因みに、こちらの方法はストーリーの分岐が複雑な場合には便利だが、
選択肢1からの戻り位置の下に、選択肢2からの戻り位置があるため、
選択肢1を選んでも選択肢2の内容が流れる仕様になっているので注意。
これを回避するには、 first.ks の選択肢1の分岐先からの戻り位置のやり取り後に、
共有ルートへのジャンプタグを記入する。



☆★好感度★☆

※ ★=このマーク以降の単語は任意の名前。但し半角英数小文字のみ。
※ ☆=このマーク以降の単語は任意の名前。日本語OK。
※ ◆=このマーク以降の単語は、以前に名付けたものを使用。
※ ◇=このマーク以降の単語は、既存するルールに基づいた半角英数字小文字。
------------------------------------------------------------------------------------------------
; 初期好感度の設定
[eval exp="f.☆Aくん好感度=◇5"]

私はAくんにハンカチを貸してあげた。[l][cm]

; 好感度の変動
[eval exp="f.◆Aくん好感度=f.◆Aくん好感度◇+◇10"]
------------------------------------------------------------------------------------------------
好感度の数値(◇5 や ◇10 の部分)は0ではエラーになるっぽい。
◇+ の部分は -(マイナス)にすることも可能。



☆★好感度による分岐★☆

※ ★=このマーク以降の単語は任意の名前。但し半角英数小文字のみ。
※ ☆=このマーク以降の単語は任意の名前。日本語OK。
※ ◆=このマーク以降の単語は、以前に名付けたものを使用。
※ ◇=このマーク以降の単語は、既存するルールに基づいた半角英数字小文字。
------------------------------------------------------------------------------------------------
; 必要好感度の指示。
[if exp="f.◆Aくん好感度◇>=◇15"]

; 必要好感度に達している場合の、特別ルート指定。
[jump target=*★a_koukando15]
[endif]
; 必要好感度に達していない場合の、ルート指示。
[jump target=*★kokoyo]

; 必要好感度に達している場合の、到達位置。
*◆a_koukando15
Aくんは、ありがとうと喜んで、ニコリと笑いかけてくれた。[l][r]

; 必要好感度に達していない場合の、到達位置。
*◆kokoyo
Aくんは、そのままBくんたちのところへ行ってしまった。
------------------------------------------------------------------------------------------------
必要好感度の指示 [if exp="f.◆Aくん好感度◇>=◇15"] は、
「もし、Aくん好感度が、◇15以上であれば」と指示されている。
必要好感度の数字は好きな数字を、条件は JavaScript 演算子(別窓) を参考に。
分岐のタグと組み合わせることも可能。

 
  コメント 0 通
 



     

     ■ COMMENT




     ■ WRITES COMMENT
 
 
 
 
 

 
 
内緒話
 

  ※ 承認後に公開されます。


     

     ■ TRACKBACK

  TRACKBACK URL


     

     オリキャラリニュ | TOP | 【ゲーム勉強】使い方・キャラ編



     

     がらくた屋 【Login】 
     copyright (C) 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet